リコネクションのプラクティショナー新制度が明らかに!

a1050_000018

 

今回のセミナーの最終日のランチタイムに
すでにプラクティショナーである受講者がよばれました。
40名ほどいました。

そこで、新しいプラクティショナー制度についてお話がありました。

 

これまで、リコネクションセミナーは
一度参加して試験に合格し、修了証を受けることができれば
一生そのままお客様にセッションを提供できることができるとされてきました。

 

しかし、今回、その制度が廃止されたことが発表されました

 

リコネクティブヒーリングプラクティショナー(レベル2)は
ファンデーショナルプラクティショナー

リコネクションプラクティショナー(レベル3)は
リコネクションサーティファイドプラクティショナーに

それぞれ名称が変わります。

 

そして新しいタイトルを得るには
今回からリニューアルされたセミナーに参加して
修了証を受けなければなりません。

 

また、タイトルは2年間の有効期限があります。

スポンサードリンク


タイトル更新のためにはまた試験を受ける必要があります。
(これはたぶんサーティファイドプラクティショナーに関してかと思うのですが)

突然の発表に正直とてもびっくりしました!

 

しかし、リコネクションは
一生に一回のみのセッションで
提供する側にはとてもとても責任があります

 

そしてリコネクションの作業は
実はとても細かく、
常に意識していないとポジションを忘れてしまったり
曖昧になってしまいます

 

そんなときには私はメンタリングを受けて
改めてポジションの確認をしたりします。

 

ですが、きっとプラクティショナーさんの中には
あいまいなまま提供してしまっている方もいらっしゃると思いますし
思い出しても間違えてしまっているという方
絶対にいないとは言い切れないと思います。
でもいままでのルールではそれでも仕方がなかったのです。
資格をとったらそのままで、チェックする制度がなかったのですから。

 

けれども、運転免許、医師免許(日本では更新制度がありません)
多くの免許には更新制度があります
技術の維持には必要なことだと思います。

 

a1130_000326

 

今回のリコネクションプラクティショナーの制度の改定に
現場では賛否両論でしたが、
(もともとは一度とったら一生セッションできますよーということだったので)
これもこのワーク提供の質の維持、そして進化の一つと考えれば
納得です。

 

そして本当に貴重で重要な一生に一度のセッションを
確実に提供できるようにプラクティショナーも身を引き締める必要があります

今後はリコネクションを受けるお客さまにも
どのプラクティショナーを選んでも
安心して受けていただけるような制度になっていくと思います。

 

2015年の間は従来のリコネクションプラクティショナーのままで
セッションが提供できます

 

2016年からはそれができなくなりますので
2016年以降にリコネクションを受ける方は
そのプラクティショナーが「リコネクションサーティファイドプラクティショナー」で
あるか否かを確認してから受けてください

 

私も早いうちにサーティファイドプラクティショナーのタイトルに
更新したいと思っています。^^


スポンサードリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。