リコネクションのセミナー2015に参加してきました

a1520_000043

2/27(金)の夜 3/3(火)まで、日本では4年半ぶりの開催になるリコネクションのセミナーに参加してきました。

今回はレベル1,2のみ。(リコネクティブヒーリングを提供できるようになる資格を得ることができる)

改めてリコネクティブヒーリングの素晴らしさを確認できたのはもちろんですが、このヒーリングを提供することにますますの喜びと自信が高まりました。

 

リコネクティブヒーリングとは、バランスを取り戻すように促すワークです。
治療ではありません

「痛み」というのはバランスのずれを表しています。
なので、そのバランスを取り戻すことができれば
その痛みがなくなることもあります。

肉体的、精神的、スピリチュアル的、あらゆるレベルにおいて働きますが
どんな形でそれがおこるかはわかりません。

私たちがリコネクティブヒーリングによって受け取る癒しは
宇宙が知っていて、私たちにとっての完璧な癒しです。
そして夢にもみていなかった結果であることもあるのです

だからおもしろい!

a1180_014580

 

リコネクティブヒーリングは、
クライアントさん、プラクティショナー、そして宇宙の周波数との交流です。いうならばただ3者が楽しくダンスするような感じです♪

その中でバランスが取り戻されていきます
そしてDNAをも変えることができます

遺伝子レベルでの変化を起こすことができるのです。

スポンサードリンク


 

ニューヨーク州クォンタム・バイオロジー・リサーチ・ラボのレイン博士は、ヒーリングがヒトのDNAにどのように影響を調べるための実験を行いました。

実験では、植物のDNAに熱や電気を使って「ショック」が与えられた。二重螺旋構造をもつDNAは、ショックを受けると螺旋がほどけて伸びた状態になることが知られている。自力で螺旋状態を回復するための条件が整っていれば、DNAは、光を取り入れながら一定の時間をかけて自己修復していく。実験者のレイン博士は、レイキ、浄霊、仁神術、そしてリコネクティブ・ヒーリングという異なる種類のヒーリングがDNAの修復に与える影響を、スペクトル測光器を用いて計測した。

 

そしてその結果は以下のように確認されています。

レイキ、除霊、仁神術が施されたDNAは、基準値よりもゆっくりと螺旋状態に戻った。それに対して、リコネクティブ・ヒーリングを施した場合は、基準値よりも早く螺旋状態に戻った。さらに、リコネクティブ・ヒーリングを受けたDNAを観察した結果、その植物のDNAに固有の欠陥や実験前に見られた欠陥の一部が修復されていることがわかった。このことによって、リコネクティブ・ヒーリングは、他のヒーリングと異なるものであり、ヒトに対してDNAレベルで直接的に作用することが確認された。

(リコネクションジャパンFBより)

 

だから歩けない人が歩けるようになったり、
目が見えるようになったり、
話せるようになったりという
信じられない事例も起こり得るのですね。

 

何が起こるかわからないけれど、
一つ確実に約束できることは
なにもネガティブな副作用はないということです。

 

リコネクティブヒーリングを受けた方は必ずそのヒーリングを受け取ることができます
もし万が一受け取れないという方がいたら、それは結果を望みすぎてしまった方です。

 

なのでいつも
「期待を手放してください」と
私はクライアントさんにお話します。

そして私もセッション前にクライアントさんから
ご自身がかかえている問題を聞くことはしません。

もし聞いてしまったら、
私自身もその問題に執着してしまうかもしれないからです。
そうするとこのヒーリングの限りない可能性が狭められてしまいます。

a0960_005651

 

気づいたらこんなに長くなっていました。。

とにかく充実したセミナーでした。
6年前に受けたセミナーよりなんだかもっとちゃんとしていました(笑)
プラクティショナー仲間の方もおっしゃっていましたが
それはもしかしたら私たちが進化して
もっときちんと理解ができるようになったからなのかもしれません。

 

このヒーリングは世界中で行われていて
国によっては公的に認められたヘルスケアです。
地に足がついたとても現実的なセッションです。

あなた自身のを本来のバランス状態に回復させたい時、
そしてヒーリングジプシーになっている方にも
心からオススメしたいヒーリングです

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回はプラクティショナーの新しい制度について
お話したいと思います。


スポンサードリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。